ハワイ
57

大自然に触れ、名所を堪能した後は
まるで地元のようにのんびり楽しむ

現地をよく知るスタッフがいるN-1 Tourだからこそ実現できる、ありきたりなパッケージツアーにはない行程と手段で、観光客の多いスポットを避けて、ハワイをゆっくりのんびり過ごすことができます。今回はそんなハワイでの贅沢な過ごし方をご紹介いたします。

旅行代金の目安

お一人様(燃油サーチャージ、空港税などは別)
260,000円~

ビジネスクラス(片道)追加代金の目安
80,000円~

ご旅行日程表日程:最終日前日/都市名:ホノルル/交通機関:専用車

時間 工程 お勧めポイント
9:00 ハウツリーラナイにて
エッグベネディクトの朝食
お勧めの食事1
わずか15卓の小さなレストランにも関わらず、月間5,000食も売れる。オープンエアになったビーチフロントのレストランで大きなハウの木がシンボル。卵はオアフ島などの契約農家から、イングリッシュマフィンは地元のベーカリーから仕入れています。
エッグベネディクト
イングリッシュマフィンにハムやベーコンをのせ、その上にポーチドエッグ、そこへオランデーズソースをかけたもの。
オランデーズソース
バターとレモン果汁を卵黄を使用して乳化し、塩と少量の黒コショウまたはカイエンペッパーで風味付けしたもの。
  もしくは
パンケーキ店クリームポットで朝食
お勧めの食事2
日本未上陸の隠れ家的パンケーキ店、クリームポット。スフレなので、パンケーキの生地はふわふわ。スフレのふわふわとベリーのソースがベストマッチ!フレンチトーストやベネディクトもオススメ!日本語のメニューに加えて、写真もついているので安心です。
スフレ
メレンゲに様々な材料を混ぜ、オーブンで焼いて作る、軽くふわふわとした料理。17世紀のフランスで菓子職人が卵白と砂糖を混ぜて焼き、パンのように膨らませる技法を発見した。やがてそれが卵黄と泡立てた卵白を混ぜて焼くオムレット・スフレに発展していった。
10:00 イルカを見にカハラホテルへ
お勧めポイント
カハラホテルのプール横の8600平米ものラグーンにイルカが6頭泳いでいて、無料で見ることができます。海に行けば野生のイルカに出会う事もできますが、有料ですし、なかなか気軽には見に行けない為、カハラホテルでのイルカ鑑賞はおすすめです。イルカの他にもウミガメ、エイ、魚も泳いでいます。
カハラホテル
ワイキキから車で15分くらいの高級住宅地に1964年開業、各国国王や首相、マイケルジャクソンから川端康成まで、世界の要人が宿泊した由緒正しきホテル。
11:30 誰もいないワイマナロビーチへ
(砂浜にパーキング)
お勧めスポット
2015年全米No.1ビーチ「ワイマナロビーチ」。ワイマナロビーチは、オアフ島のウインドワード(貿易風が吹いてくる島の北東側)にある眺望の素晴らしいビーチで、少し北側にあるラニカイビーチと同じようにターコイズブルーの海の色が美しく、きめの細かい砂浜が続くフォトジェニックな場所です。ビーチに立つと、マカプウ沖のラピッドアイランドからラニカイ沖のモクルア島までのワイドなパノラマが楽しめます。また、ビーチの背後にある切り立った山並みはハワイ特有の地形で見応えがあります。
13:00 カフク地区で
ガーリックシュリンプの昼食
お勧めの食事
オアフ北に突き出たカフクにある。いつも行列が絶えない人気店で、普通の海老「シュリンプ」だけでなく、手長海老「プラウン」もお楽しみいただける珍しいお店。お店の裏手に海老の養殖池が広がり、とれたて新鮮な海老を堪能する事ができる。海老のプリプリ感やジューシー感がたまらないハワイの人気店。少し待ち時間は覚悟していただかなくてはいけませんが、インスタポイントとしてもオススメです!
14:30 この木なんの木の
モアナルナガーデン
お勧めスポット
97,000平方メートルの広さをもつ私有の公園。かつて地元の実業家で地主であったサミュエル・ミルズ・デイモンの保有する地所だったが、現在はデイモンの曾孫が経営するカイマナ・ベンチャー社の所有地となっている。「日立の樹」として有名なモンキーポッドの大木の生育地としても有名。
カメハメハ5世のコテージ
園地の西端に位置する。カメハメハ王朝ロット王子(のちのカメハメハ5世)によって建てられた。厨房と食堂、寝室及び居間、娯楽の間と3つに分かれた平屋を屋根付きの回廊で繋いだ構造になっている。1884年に死去したバーニス・パウアヒ・ビショップ王女の遺志により、サミュエル・ミルズ・デイモンがこの建物及びモアナルアのアフプア・ア(「区域」を意味する語)を相続することになった。デイモンはコテージを修繕して住居として用いていた。この建物が現在の場所に移築されたのは1960年のことである(それ以前にもモアナルア地区内の3箇所を転々と移動している)
15:30 地元のスーパー
ホールフーズマーケットへ
お勧めポイント
全米を中心に展開するグルメスーパーで、オーガニックフードを多数取り揃えている。
魅力
地元ハワイの農家を積極的に応援しているため、ハワイ産の農作物や飲料、加工品がたくさん並んでいる。保存料・添加物などを一切含まないフレッシュドリンクがハワイでは人気。その為、ホールフーズマーケットでも野菜やフルーツを店舗で丁寧に絞ったオリジナルコールドプレスジュースが売れている。
ハワイ産のオーガニック製品がたくさん。サプリメントや流行のスーパーフードも充実。
日本よりもリーズナブルに購入できる。ジョンマスターオーガニックetc…
作りたてのデリも人気
エコバッグがすごくかわいい!
17:00 ドン・キホーテで
お土産を購入
お勧めポイント
ハワイ(オアフ)には、ホノルル、パールシティ、ワイパフと3店舗ドン・キホーテがある。観光客が行きやすいのはドン・キホーテカヘカ店(ホノルル)。年中無休で24時間営業。「ハワイに行ってまでドンキ?」と思われますが、お土産コーナーが充実しているスーパーマーケットという印象。ハワイの数あるスーパーの中でもドン・キホーテは値段が安い方なので、安価なバラまき用のお土産購入にぴったり。また、生鮮食品も充実しており、パパイヤやドラゴンフルーツなど、日本で輸送コストがかかっていない分、日本で購入するより安価に新鮮なハワイのフルーツなどを楽しむ事ができます。空港だと3つで6,000円ほどするパイナップルが、ドン・キホーテだと、なんと2ドル!!
9:00 ハウツリーラナイにて
エッグベネディクトの朝食
お勧めの食事1
わずか15卓の小さなレストランにも関わらず、月間5,000食も売れる。オープンエアになったビーチフロントのレストランで大きなハウの木がシンボル。卵はオアフ島などの契約農家から、イングリッシュマフィンは地元のベーカリーから仕入れています。
エッグベネディクト
イングリッシュマフィンにハムやベーコンをのせ、その上にポーチドエッグ、そこへオランデーズソースをかけたもの。
オランデーズソース
バターとレモン果汁を卵黄を使用して乳化し、塩と少量の黒コショウまたはカイエンペッパーで風味付けしたもの。
もしくは
パンケーキ店クリームポットで朝食
お勧めの食事2
日本未上陸の隠れ家的パンケーキ店、クリームポット。スフレなので、パンケーキの生地はふわふわ。スフレのふわふわとベリーのソースがベストマッチ!フレンチトーストやベネディクトもオススメ!日本語のメニューに加えて、写真もついているので安心です。
スフレ
メレンゲに様々な材料を混ぜ、オーブンで焼いて作る、軽くふわふわとした料理。17世紀のフランスで菓子職人が卵白と砂糖を混ぜて焼き、パンのように膨らませる技法を発見した。やがてそれが卵黄と泡立てた卵白を混ぜて焼くオムレット・スフレに発展していった。
10:00 イルカを見にカハラホテルへ
お勧めポイント
カハラホテルのプール横の8600平米ものラグーンにイルカが6頭泳いでいて、無料で見ることができます。海に行けば野生のイルカに出会う事もできますが、有料ですし、なかなか気軽には見に行けない為、カハラホテルでのイルカ鑑賞はおすすめです。イルカの他にもウミガメ、エイ、魚も泳いでいます。
カハラホテル
ワイキキから車で15分くらいの高級住宅地に1964年開業、各国国王や首相、マイケルジャクソンから川端康成まで、世界の要人が宿泊した由緒正しきホテル。
11:30 誰もいないワイマナロビーチへ
(砂浜にパーキング)
お勧めスポット
2015年全米No.1ビーチ「ワイマナロビーチ」。ワイマナロビーチは、オアフ島のウインドワード(貿易風が吹いてくる島の北東側)にある眺望の素晴らしいビーチで、少し北側にあるラニカイビーチと同じようにターコイズブルーの海の色が美しく、きめの細かい砂浜が続くフォトジェニックな場所です。ビーチに立つと、マカプウ沖のラピッドアイランドからラニカイ沖のモクルア島までのワイドなパノラマが楽しめます。また、ビーチの背後にある切り立った山並みはハワイ特有の地形で見応えがあります。
13:00 カフク地区で
ガーリックシュリンプの昼食
お勧めの食事
オアフ北に突き出たカフクにある。いつも行列が絶えない人気店で、普通の海老「シュリンプ」だけでなく、手長海老「プラウン」もお楽しみいただける珍しいお店。お店の裏手に海老の養殖池が広がり、とれたて新鮮な海老を堪能する事ができる。海老のプリプリ感やジューシー感がたまらないハワイの人気店。少し待ち時間は覚悟していただかなくてはいけませんが、インスタポイントとしてもオススメです!
14:30 この木なんの木の
モアナルナガーデン
お勧めスポット
97,000平方メートルの広さをもつ私有の公園。かつて地元の実業家で地主であったサミュエル・ミルズ・デイモンの保有する地所だったが、現在はデイモンの曾孫が経営するカイマナ・ベンチャー社の所有地となっている。「日立の樹」として有名なモンキーポッドの大木の生育地としても有名。
カメハメハ5世のコテージ
園地の西端に位置する。カメハメハ王朝ロット王子(のちのカメハメハ5世)によって建てられた。厨房と食堂、寝室及び居間、娯楽の間と3つに分かれた平屋を屋根付きの回廊で繋いだ構造になっている。1884年に死去したバーニス・パウアヒ・ビショップ王女の遺志により、サミュエル・ミルズ・デイモンがこの建物及びモアナルアのアフプア・ア(「区域」を意味する語)を相続することになった。デイモンはコテージを修繕して住居として用いていた。この建物が現在の場所に移築されたのは1960年のことである(それ以前にもモアナルア地区内の3箇所を転々と移動している)
15:30 地元のスーパー
ホールフーズマーケットへ
お勧めポイント
全米を中心に展開するグルメスーパーで、オーガニックフードを多数取り揃えている。
魅力
地元ハワイの農家を積極的に応援しているため、ハワイ産の農作物や飲料、加工品がたくさん並んでいる。保存料・添加物などを一切含まないフレッシュドリンクがハワイでは人気。その為、ホールフーズマーケットでも野菜やフルーツを店舗で丁寧に絞ったオリジナルコールドプレスジュースが売れている。
ハワイ産のオーガニック製品がたくさん。サプリメントや流行のスーパーフードも充実。
日本よりもリーズナブルに購入できる。ジョンマスターオーガニックetc…
作りたてのデリも人気
エコバッグがすごくかわいい!
17:00 ドン・キホーテで
お土産を購入
お勧めポイント
ハワイ(オアフ)には、ホノルル、パールシティ、ワイパフと3店舗ドン・キホーテがある。観光客が行きやすいのはドン・キホーテカヘカ店(ホノルル)。年中無休で24時間営業。「ハワイに行ってまでドンキ?」と思われますが、お土産コーナーが充実しているスーパーマーケットという印象。ハワイの数あるスーパーの中でもドン・キホーテは値段が安い方なので、安価なバラまき用のお土産購入にぴったり。また、生鮮食品も充実しており、パパイヤやドラゴンフルーツなど、日本で輸送コストがかかっていない分、日本で購入するより安価に新鮮なハワイのフルーツなどを楽しむ事ができます。空港だと3つで6,000円ほどするパイナップルが、ドン・キホーテだと、なんと2ドル!!

CONTACT

お電話でのお問い合わせはこちら

(営業時間:10:00~18:00 年末年始除く 定休日:火曜・水曜)

SALON

  • 栄トラベルサロンに電話をかける

    名古屋・栄トラベルサロン

    愛知県名古屋市中区錦3-4-13 第43オーシャンビル2F

  • 京橋トラベルサロンに電話をかける

    東京・京橋トラベルサロン

    東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビルディング6F

  • 大阪トラベルサロンに電話をかける

    大阪・大阪トラベルサロン

    大阪府大阪市北区梅田1-8-16 ヒルトンプラザEAST6F

  • 岐阜トラベルサロンに電話をかける

    岐阜・岐阜トラベルサロン

    岐阜県岐阜市徹明通1-19 岡部ビル1F

名古屋・栄トラベルサロン

愛知県名古屋市中区錦3-4-13
第43オーシャンビル2F

TEL:052-951-4891
FAX:052-951-4893

最寄駅:
名古屋地下鉄桜通線・
名城線:久屋大通駅=4番出口より徒歩1分

東京・京橋トラベルサロン

東京都中央区京橋1-3-2
モリイチビルディング6F

TEL:0120-827-489
FAX:03-3241-7707

最寄り駅:
銀座線京橋駅(明治屋出口7番)より徒歩3分
東西線日本橋駅(出口B-3)より徒歩6分

大阪・大阪トラベルサロン

大阪府大阪市北区梅田1-8-163
ヒルトンプラザEAST6F

TEL:0120-827-489
FAX:06-6342-7883

最寄り駅:
梅田駅/阪神梅田駅
四つ橋線西梅田駅より徒歩1分
JR大阪駅より徒歩3分

岐阜・岐阜トラベルサロン

岐阜県岐阜市徹明通1-19
岡部ビル1F

TEL:058-264-3066
FAX:058-263-6071

最寄り駅:
JR「岐阜駅」・
名鉄「岐阜駅」より徒歩15分、車3分