カナダ周遊10日間 旅行記|渡邊ご夫妻 vol.7

8日目、23日。
この日は、3日目のイエローナイフ以来の曇り空・・・
午前中は、まだ日差しがありましたが、前日に比べると、かなり涼しい。
ホテルの部屋から滝を見ると、もう水しぶきというより、霧のようなモヤになっていて滝の全容が見えません。笑
朝食は、ホテル10階のレストランへ。なんと、レストランからはナイアガラフォールズがパノラマで見られます!朝から大興奮!
残念ながら、先客で窓際の席は埋まっていましたが、奥側の席は一段高くなっているので、どの席からも滝は見えました。ビュッフェスタイルで、朝からたっぷり食べて。
この日は、ナイアガラフォールズとナイアガラ・オン・ザ・レイク二つの町の一日観光でした。
混載バスにて出発!
世界三大瀑布の一つ「ナイアガラの滝」は、エリー湖の水がオンタリオ湖に注ぐ、その途中のナイアガラ川にできた巨大な滝です。浸食により年間少しずつ上流へ移動し、浸食が続けばエリー湖に埋没してしまうため、落下水量を調整しているそう。日中と夜間でも水の量は違うそうです。ビックリ!!
その水量を調整しているコントロールゲート、水門を車窓見学して、カナダ滝のすぐ真上、テーブル・ロックへ。水が一気に落ち込んでいく姿が間近で見られ、大迫力!
もちろん、雨のような水しぶきがかかります。笑

image060

そんな迫力満点の滝をのぞき込もうと柵を乗り越え、落下する事故も多いそうなので、皆さま、お気を付けて!!
柵の柱の上では、カモメさんが「写真撮って!」と言わんばかりに、ポーズを決めていました。人慣れしていて、皆の写真のモデルに。笑
カナダガンという水鳥も沢山お散歩しています。
そして、いよいよ待ちに待った、ナイアガラクルーズ!!
カナダ側は赤のポンチョ、アメリカ側は青のポンチョを着るようです。
私たちは、赤のポンチョを着て、いざ乗船!

ナイアガラ既に、2階の展望室は人がいっぱいだったので、私たちは一階のテラスに。船がどんどん滝に近づきます。
それと同時に、水しぶきが!!
アメリカ滝~カナダ滝へ接近すると、益々凄いことに!もう嵐です!笑
水しぶきが痛い!笑
ポンチョ、あまり意味がない!笑
さすがに、私は船内に避難しましたが、新郎は水しぶきと言う名の嵐を堪能していました。ずぶ濡れです!とはいえ、ズボンもめくりあげ、靴下も脱ぎ、腕まくりまでして、完全防備していたようで、思ったより被害は少なかったようです。笑
たっぷり、マイナスイオンを浴びて、お肌もしっとりしたところで、ワールプール(渦潮)へ。
ナイアガラ滝の下流には、ナイアガラ川が流れを変える地点に巨大な渦潮が出来ています。こんなところに落ちたら、ひとたまりも無いだろうなぁ・・・

image064

ランチは、何と私たちが宿泊しているクラウンプラザ・ナイアガラフォールズ・フォールズビュー10階のレストランでした。笑
お昼もビュッフェスタイルでしたが、カレーやスープ、チキンにビーフとメニューも豊富!
午後は、ナイアガラ川の下流にある、オンタリオ湖に面した町、ナイアガラ・オン・ザ・レイクへ!イギリス植民地時代に、首都として栄えた町だそうです。
途中、ナイアガラ滝がかつてあった、スタートの場所やオンタリオ水力電気により設置された花時計、そして、水力発電所などを見ることが出来ました。
ナイアガラ・オン・ザ・レイクは、お花と可愛らしいお店がいっぱいで、イギリスの雰囲気が漂う、素敵な町でした。

ナイアガラ・オン・ザ・レイク

お土産屋さんでジャムを買ったり、オンタリオ湖まで散歩に行ったり・・・
オンタリオ湖、海のように広かったです。対岸が見えず、日本の湖と違う!笑

湖

生憎、午後から雨がポツリポツリ降り出して、かなり寒くなってきていました。
ナイアガラフォールズの町に戻る途中でワイナリーに立ち寄りました!
ナイアガラ近郊は、ワインの産地!ぶどう畑も沢山ありました。
そして、なんと言っても、お目当ては、アイスワイン!
凍ったブドウをそのまま搾って作るという、デザートのように甘い、高級なワインです。
お酒に弱い新婦ですが、試飲、全部しました!笑
白ワイン、赤ワイン、アイスワインの白、アイスワインの赤、全部で4種類!
テイスティングの仕方も教わりながら試飲したので、格別美味しかった-!そして、日本で買うよりも断然安い!アイスワインのファンになりました!

image070

帰りのバスの中で、ガイドさんから素敵プレゼントが!
ハネムーンの記念に、ナイアガラ市長、観光局長の署名入りのハネムーン証明書が頂けるとガイドブックに書いてありましたが・・・
何と、ハネムーン証明書を入手して下さっていました!
きゃー!嬉しい!ありがとうございます!
夕方、ホテルに戻ってから、夕食を食べに町へ。カナダ、最後の夜です。
幸い、雨も止んでいました。
夕食前に、ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズに。滝を下から見上げ、トンネルの覗き穴から、カナダ滝の裏側を見ることができます。
入り口で撮影した、滝との合成写真を記念に購入!
そして、こちらは、黄色のポンチョを着ます。ポンチョコレクションが増えました!笑
滝壺の真横にあるバルコニーから滝を見学!
またまた、水しぶきの嵐!
マイナスイオンが森林浴の7倍あるそうなので、お肌にもいいかも!笑
覗き穴から見る滝の裏側は、もう嵐で何が何だか・・・笑
とにかく、凄い勢い!
あらゆる角度から滝を見ることが出来た一日でした。笑

滝

カナダ最後の夕食は、滝を見ながら食べようと、カナダ滝近くにあるレストランへ。
夜になるとかなり寒くなってきていたので、テラスは寒いかなぁと思っていましたが、上から暖かい風が!暖房が入っていました!寒い季節もテラスで楽しみたいですもんね-!
寒かったので、新婦はヌードルを頼みました。スープは出汁というものがなく、醤油そのものでしたが、温まりました-!
先ほど頂いたハネムーン証明書を持って記念撮影!

ハネムーン証明書

ライトアップされた滝を眺めながら、最後の夕食を楽しめました!
最後の夜、カジノの雰囲気を楽しみたく、お着替えして、ホテル隣接のカジノへ!
入り口で年齢を聞かれ・・・笑
やっぱり日本人は若く見られるみたいです。笑
色々見て回りましたが、結局遊ばずに部屋に戻りました。小心者・・・
煌びやかな雰囲気を味わえただけでも楽しかった!
最後の夜は更け・・・

CONTACT

お電話でのお問い合わせはこちら

(営業時間:10:00~18:00 年末年始除く 定休日:火曜・水曜)

SALON

  • 栄トラベルサロンに電話をかける

    名古屋・栄トラベルサロン

    名古屋市中区錦3-7-12 錦クリスタルビル 6階

  • 岐阜トラベルサロンに電話をかける

    岐阜・岐阜トラベルサロン

    岐阜県岐阜市徹明通1-19 岡部ビル1F

名古屋・栄トラベルサロン

名古屋市中区錦3-7-12
錦クリスタルビル 6階

TEL:052-951-4891
FAX:052-951-4893

最寄駅:
地下鉄「久屋大通」駅
南改札口6A・B出口より徒歩3分

岐阜・岐阜トラベルサロン

岐阜県岐阜市徹明通1-19
岡部ビル1F

TEL:058-264-3066
FAX:058-263-6071

最寄り駅:
JR「岐阜駅」・
名鉄「岐阜駅」より徒歩15分、車3分